季節で引っ越しの金額が大きく変わる理由

一般的に春は引っ越しシーズンと言われており、一年の中では金額が高めに設定が行われる季節の一つです。春は新生活を始める人が増える時期で、新社会人になる人や地方から都内の大学に進学する学生さんなどが多い季節です。会社の中では人事異動が行われる事が多いのが春であり、一年の中では多くの人々が新生活を開始するなどの理由からも、業者は繁盛期を迎える事になります。他にも、ゴールデンウィークや夏休みなどのように長期の休みがある時期は金額が高くなりますが、曜日や大安などの日取りを考えない、時間帯も指定しないプランを選んだ場合には、割引サービスを受ける事も出来ます。但し、春時期や長期の休みがある時などは、多くの人々が新居での生活を考えているケースが多くあるため、早めに予約をする事が大切です。

1日の作業量が閑散期よりも多くなる

春は引っ越しシーズンとも言われており、希望の日時に依頼したい場合には、なるべく早めに予約をしなければ難しいケースもあります。午前中に1~2軒、午後夕方くらいまでに1~2軒、夜間に1~2軒などのように作業が重なる時も多くなるシーズンの特徴です。作業する人数は荷物の量などに応じて変わりますが、作業工数が多くなるため、従来の人数では作業が出来なくなるため、各業者はアルバイトなどを臨時に雇用して作業を円滑に進めようとします。アルバイトを雇用すれば、当然固定費が発生する事になるので、作業に価格金額も閑散期よりも高くなるわけです。特に、金曜日や土曜日などの週末にかけては、休みの日に荷解きを行っておいて、月曜から仕事を始めたいと考える人が多くいるので、1日の作業工数も多くなります。

時間を指定しなければ割引サービスを受ける事も可能です

引っ越しの季節には多くの人が依頼をするので、人員確保のための経費が必要になり、これに伴い金額も割高になるのが特徴です。一般的にシーズンと言われている時期の事を繁盛期と呼び、逆に依頼が少ない時の事を閑散期と呼んでいますが、繁盛期でも時間を指定しないプランを利用した場合、通常よりも安い料金で作業を依頼する事が出来るケースもあります。例えば、夕方以降に作業を依頼するなどのプランの場合は、前の作業の進み具合などに変わるので、午後7時から開始になる事もありますし、もう少し遅い時間からのスタートになるケースもあります。夜間の作業は周辺に住む人々にも迷惑をかけてしまう事もあるので、何時くらいから作業が出来るのかをおおよその時間で確認しておいて、事前に周囲に住む人に挨拶をしておくと安心です。