自分で引っ越しをした場合の金額

引越しにはお金がかかりますが自分で引っ越し作業をした場合にはかなり安く節約できます、新居に越す場合は敷金礼金や家具などにお金がかかりますので出来るだけ費用を少なくしたいなら引越し作業にかかるお金を節約したほうがいいでしょう。ただ自分で引っ越しをする場合、目に見えない費用が掛かってくることもあります、例えば作業中に壁や家具に傷をつけてしまい損失が出てしまうなどです、特に壁に傷をつけた場合は敷金が返ってこない可能性もあります。大きな家具を運び出す時に怪我をしてしまい治療日かかる場合もあるでしょう。目先のお金のことを考えるのではなく想定外の大きなお金がかかるリスクのことも考えた上で、自分で引っ越すか業者に頼むか決めるようにするといいでしょう。

完全に自分だけで引っ越しをした場合の金額

誰の助けを借りずに完全に自分だけで引っ越し作業した場合の金額は軽トラックのレンタル代で五千円ほど、段ボール代で三千円、ガソリン代や掃除や荷造りのときに必要になるグッズの費用なども含めると大体一万五千円ほどになります。ただ、これからさらに節約することも可能です、段ボールはスーパーなどでも無料でもらうことができますし、ワゴン車など大型のマイカーがある場合は軽トラックを借りる費用も掛かりませんので七千円ほどになります。一人暮らしで家具付きのマンションに暮らすために荷物がかなり少ない場合はもっと費用を安くでき、場合によってはゼロ円にすることもできるでしょう。一人暮らしや荷物の少ない人の引越しの場合は1人だけで作業をしたほうがスムーズですし余計なお金もかかりません。

他の人の助けを借りた場合の金額は

自分一人ではなく家族や友達に助けを借りて引越し作業をした場合は完全に自分で作業をした場合にプラス一人につき5千円ほどの謝礼金がかかります。家族に手伝ってもらう場合無料で働いてもらうこともできますが、友達の場合はそういうわけにはいかないでしょう。かなり疲れる作業ですし謝礼が無いと友情関係が崩れる要因になります。お金を直接渡さない場合でも作業終了後の食事代をおごるなどしなければいけません。友達は引越し業者ではありませんので家具を壊してしまうかもしれませんが、もしそうなっても弁償してもらうことができないでしょう。呼ぶ人数によっては業者を呼んだ方が効率的でお金もかからないこともあるのでよく考えてください。ただ引越し作業をイベントのように楽しみたいのであれば友達に手伝ってもらう意味があります。