産後の下腹部の痛み後陣痛について

出産と産後に誰もが経験するのが陣痛と後陣痛です。この二つの痛みの役割は全く異なるものであり、今回はこの陣痛と後陣痛について書いていきます。出産間近になれば一定間隔で子宮収縮が始まりこれを陣痛と言います。お産が進むにつれて陣痛の間隔も短くなり、間隔が短くなればなる程痛みも強くなります。この陣痛は胎児が母体から娩出されるまで続きますが娩出されたとたんに陣痛はぴたりとおさまります。しかしその後子宮が元の大きさに戻ろうとする為に再度子宮収縮を繰り返えします。これを後陣痛と言い痛みの感じ方には個人差がありますが、陣痛よりも弱い痛みが一定間隔で繰り返されます。この後陣痛は子宮内部を出産前の状態に戻そうとする為のものですが、胎盤が剥がれ落ちた部分の出血を止めると言う大切な役割もあります。後陣痛が弱い場合には、出血が中々止まらないと言ったトラブルに繋がる為に子宮収縮剤が投与される事もあります。

産後の後陣痛について

産後の後陣痛について知らないという女性は多いです。妊娠をして、つわりがあることや、陣痛がとても痛いことなどは、知っている人が多いですが、出産後の後陣痛の痛みについては、子供を産んで初めて知ったという人も多いです。妊娠する前は、子宮はとても小さいですが、妊娠をすると、子宮のなかで子供がどんどん大きくなっていくため、子宮も大きくなります。37周を過ぎると、子供がいつ産まれてよいため、軽い運動を進められます。陣痛がきたら、何時間も痛みに耐えて、出産をします。出産をしたら、陣痛の痛みがなくなります。しかし、子宮が元の大きさに戻るために、収縮していきます。収縮するときには、生理痛のような鈍痛がおきます。子供に、授乳をするときには、より後陣痛を感じます。後陣痛の痛みが絶えることができず、鎮痛剤を飲む人もいます。

帝王切開の産後や、後陣痛について

帝王切開の産後は想像以上に大変です。後陣痛はお腹の傷の痛みと共にやってくるので、自然分娩よりかなり痛みを伴います。麻酔が切れるとさらに痛みが増します。あまりにも痛いので、2日はベッドから起き上がれない人も多いです。それでも、授乳をしなければならないので、肉体的にも精神的にも相当大変です。お腹を切ったほうが楽のように感じますが、実は逆です。この痛みがあるので、自然分娩の方が、産後は楽なのでいいと言われています。後陣痛についてですが、子宮が収縮することで起こります。出産後、子宮収縮剤を服用しますが、順調に収縮していれば、服用を止めても大丈夫なので、もし、あまりにも痛みがひどい場合、医師に服用の中止を申し出てもいいでしょう。産後は、悪露が長引くことがありますが、1ヶ月検診で手術跡などに異常がなければ、気にしなくても大丈夫です。